clear
HOME > トピックス/詳細

Topics

(Update:2017.03.21)
「区民後見人」候補者バンクに登録
地域には認知症や知的・精神障がいなどによって、選択を自分一人でするには少し不安がある人や、希望とは違う暮らし方をしている人がいます。ご本人と一緒にその人に合った暮らしを考え、生活に必要な手続きやお金の管理などをお手伝いする人、それが「成年後見人」です。家庭裁判所が専任する弁護士,司法書士,社会福祉士,税理士などの専門家が選ばれますが、需要の高まりもあり、一般市民の力が求められているということで、養成講座で学び、「区民後見人」となって行こうというものです。人の福祉と動物福祉をつなぐ役割を模索するべく、社会福祉を勉強しようと養成講座を受講して、修了証をいただき、「区民後見人」候補者バンクに登録することができました。
clear